ブログ引越しました。これからの更新は→「いもづる式♪好奇心」 http://blog.imoduru.com/ こちらです

+LINKS









dell15_180x40
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています











| - | | - | - |


CD Manipulatorのカンタンな使い方。
この「いもづる式♪好奇心」のアクセス解析などを見ると、
CD Manipulatorの使い方を 検索してきてくれる方が多いようです。
ですが、大したことは書いていないので 悪いな〜と思っていました。

今回、ちょっと時間ができたので、カンタンにCD Manipulatorの使い方を 
ホームページにしてみました。
(練習もかねて)
ただ、あくまでも【カンタンな】使い方だけですので、ご了承ください。

GO!パソコンでカンタンに音楽を楽しむ♪

そうそう、
サイトのテンプレートは こちらからダウンロードしました。
無料HPテンプレート、素材配布ブログ
かなり、原型と違いますが☆










| 初心者にケが生えた程度のPC話 | 14:47 | comments(0) | trackbacks(0) |


去年の今頃は パソコンを持っていませんでした
思い起こすと、去年の今頃は パソコンが家に無かったんです。
(いやいや、一年でずいぶん変わったもんですね。)

実家の母が、「今の子供はパソコンを使えないと困るでしょ。買って上げるから いくらくらい欲しい?」と、聞いてきたのが 11月末頃。

でも、うちの母も 一人で子供3人育ててきているので、けっして裕福ではない。自分の生活も切り詰めているくらいなので、最初は断りました。

「うん、でも学校にもあるし大丈夫だよ。」
「でも、家にもあったほうが よけいわかるでしょ?」
「いや、それはそうだけど・・」

結局、母も、孫になにか買ってやりたいとのことなので、買うことにしました。
(母は、自分が なんの資格も無く、普通の仕事についてきたことについて、失敗した、と思っていて、事あるごとにそのことを言います。パソコンもその考えから。
私は、今は資格があっても仕事には直接結びつかない、と言っていますが、まぁ それはいつかまたの機会に・・・)

そんな訳で、絶対安く買おうと思った。
こんな時の私は 情報収集に全力を注ぐ。
(年末に買ったパソコンデスクも、980円という満足できる結果です♪)
当時は パソコンが無いので当然ネットにつながっていず、雑誌と足で歩くという手段しかなかったのです。

で、今 家にあるパソコンは、マウスコンピュータージャパンのラヴマシーンズ。デスクトップ型です。
Windows XP HomeEditionがインストールされていて、59800円。
(ディスプレィは さすがについていません。人に聞いてまわって、ただで貰いました。
本体価格のほかに、送料が3000円でした。)

スペックはどうかというと、
CPUは AMD AthlonXP プロセッサ2500+
メモリは512MB
HDは 120GB
48倍速DVD/CD-RWコンボドライブ
10/100Base-TX LAN
USB2.0が6ポート
などなど、結構すばらしい内容だと思います。

さすがに各店20台限定商品 ということで、マウスコンピュータージャパンのホームページを見たところ、もうありませんでした。
同じくらいのが、(HDは80GBですが)61,800円となっていました。

でも、私が始めて手に入れたパソコンは、今から3〜4年目かな。
Meの時代のノートパソコンで、一歩遅れのスペックでしたが それでも20〜30万してたことを考えると、10万以下でいいパソコンが手に入るとは、つくづく いい時代になったな〜と思います。


【ラヴマシーンズ】最新Celeron Dプロセッサ搭載で36,540円!


今は、中古でいいので 2〜3万でノートパソコンを探しています。そんなに急いでいないので ゆっくりと。
(昼間の時間の空いたときに エディタでおおまかに記事を書いたりしたいから。)


いつかは 自作パソコンが夢の まりゅうでした。










| 初心者にケが生えた程度のPC話 | 18:59 | comments(0) | trackbacks(0) |


音楽のデータ形式について
今日は音楽のデータ形式について、軽くまとめてみました。

CDをそのままコピーする時は、あんまり関係ないですが、
(HDDを使わない=パソコンの中にデータが残らない。)
「あとでどう利用するか考えよう」と思っているなら、リッピングするときに”WAVE”形式で保存しといたほうがいいです。
これは無圧縮なので、あとでどうとでも変換できるからです。
( 注!)ただしデータの容量は大きい・・・CD1枚で、約650MBです。

mp3”という形式は、CD並みの音質を保ちながら、容量は10分の1の 約65MBです。

Ogg”は、mp3とほぼ同じ。完全無料で使えるそうです。

WMA”は、マイクロソフト版のmp3。Windows Media Playerで簡単に変換できる。

AAC” MPEG2という圧縮技術を応用したフォーマット。mp3と同じくらいの音質で、約半分のデータ容量で保存できます。
たしか、iTunes(アイチューン)の初期設定が、このAACに変換する、になっていたはずです。

AIFF”は、WAVEのMac版らしいです。
(Macを使ったことがないので これはくわしくわかりません)


以上は、高圧縮するので
WAVE→mp3、Ogg、WMA
に変換はできるが、逆に
mp3、Ogg、WMA→WAVE
は、データが劣化するのでできません。


そこで、無劣化圧縮という形式が登場します。

FALC” 完全無料。圧縮率ではAPEの方が上かも。

APE” Monkey's Audioの通称。個人使用は無料。

WMAロスレス” XPでは標準で使用できるので、シェアが拡大しつつある。

WAVEを 100%とすると、FALC・APE・WMAロスレスは65%、mp3・WMA・Oggなどは10%くらいの圧縮率と考えればいいでしょう。

と、今のところ 私の知識はこんなもんかな。
あとはまだ読んでいません。

↓ こーゆー本を読んで、知識を増やしています。

音楽CD複製マニュアル (2)Amazonで詳しく見るby G-Tools



音楽デジタル化マニュアル―音楽コピー・エンコード&保存まで完全マスター!Amazonで詳しく見るby G-Tools



(2005/2/17)追記
この「いもづる式♪好奇心」のアクセス解析などを見ると、
CD Manipulatorの使い方を 検索してきてくれる方が多いようです。
ですが、大したことは書いていないので 悪いな〜と思っていました。

今回、ちょっと時間ができたので、カンタンにCD Manipulatorの使い方を 
ホームページにしてみました。
(練習もかねて)
ただ、あくまでも【カンタンな】使い方だけですので、ご了承ください。

→GO!パソコンでカンタンに音楽を楽しむ♪










| 初心者にケが生えた程度のPC話 | 20:12 | comments(0) | trackbacks(0) |


初!ウイルス
とうとう 私のパソコンに、ウイルスが入り込んでしまったようです・・・

私のパソコンには、ソースネクストの「ウイルスセキュリティ2004」が
入っています。
(このソフトはお勧めです。安くて、簡単。
使っている時もほとんど自動的に、処理してくれる。
ウイルスソフトに詳しくなくても大丈夫ですよ。)

で、その「ウイルスセキュリティ2004」くんが、
『ウイルスを検知しましたが、処理しました。ご安心ください』
というようなことを 2回ほど言ってきたので、入ってきたのがわかった次第です。

以前、コンピューターウイルスのことについて書いたときに、
調べてわかっているはずなのに いざとなると、
「ど、どうやって駆除するんだっけ!?」
と、あわててしまいました。


ちょっとここで復習を。
ウイルスを検知した場合、ソフトはどういう対策をするか。

 
 (1) ウイルス感染ファイルからウイルスだけを取り除く
 (2) ウイルス感染ファイルを削除する
 (3) ウイルス感染ファイルを特定のフォルダに移動する
 (4) なにもしない(ただファイルが実行されることは防ぐ)


まず、(1)を行い、無理であれば (3)を行う。

(2)は、現在は修復できなくても 将来可能になるかもしれないので、できるだけ残しておきたいので、最後の手段らしい。

(4)は、ウイルスというのは、他の有益なプログラムの一部を 改変して作られるものなので、“下手にいじるとおかしくなる、だけども実行されると困る”という時な場合の策 だったはず。
(・・・(4)は、ちょっと自信ないです。)


それにしても、なんのウイルスなんだろう。
調べてみたくなるな〜
(でもって、やりすぎてよけい変にするのが お決まりのオチなので、触んないようにしなくては・・・) 











| 初心者にケが生えた程度のPC話 | 19:56 | comments(0) | trackbacks(0) |


画像・画質・容量のかんたんな覚え書き
前回の「携帯電話と デジカメの画像は そんなに違う?」の記事を書くときに、画像の容量などで つまづいてしまったので、ちょっと 悔しくなって調べてみました。

まず、この前のデータを引用すると、 

携帯:ボーダフォン V401D
   VGA 480×640
   圧縮モード ノーマル

デジカメ:ニコン COOLPIX 880 
     VGA 480×640
     画質モード ノーマル

の、“480×640”というのは、画素数のことだそうです。

デジタル画像は、小さな正方形の 点 の集合で、構成されているそうです。
この ひとつひとつの点のことを、 画素=ピクセル といいます。


500万画素   2560×1920  約2.0MB  A3以上の印刷に向く
400万画素   2272×1704  約1.5MB  A3を印刷する時
300万画素   2048×1536  約1.2MB  A4を印刷する時
200万画素   1600×1200  約750KB  はがき大の印刷時
15型液晶モニタ 1024×768
30万画素     640×480 約500KB  Web、メール添付用

640×480というのは、横に並んだ素子の数×縦に並んだ素子の数=307200で、約30万なので、30万画素 というらしい。


だから、たてよこ 同じ大きさにした500万画素と30万画素の画像を比べると、

500万画素のほうは、びっちり並ぶので 細かい部分まで はっきりするということ。
逆に、30万画素をひきのばすと、画素=ピクセル がのびてしまうので、ぼやけてしまう。


撮影した画像データの容量は、画素数と圧縮率で決まるらしい。
うちのデジカメ(実家から借りたもの 古い)ニコン COOLPIX880では、画質モード というのは、

HI    画像を圧縮せずに記録
FINE   画像を4分の1に圧縮
NORMAL  画像を8分の1に圧縮
BASIC   画像を16分の1に圧縮 
 
画像サイズが、
FULL  画像を 2048×1536で記録する
XGA   画像を 1024×768で記録する   17インチモニタ
VGA   画像を 640×480で記録する    13インチモニタ


撮影する時は画像サイズを小さくするより、画質を下げたほうがきれいに撮れるらしいです。

旅行に行ったとき、メモリーカードが一枚しかない時は、
(たくさん写真を保存するため)画質の圧縮率を高くして(うちの場合BASIC)、画像サイズを小さくすれば(うちの場合XGA)いいということ。

ちなみに、デジカメの画像ファイルの形式は、JPEGが一般的です。











| 初心者にケが生えた程度のPC話 | 20:29 | comments(0) | trackbacks(0) |


ホームページを見るとき、Internet Explorerを使ってる?
きっと10人に8人の割合で、ウェブページ(ホームページ)を見るときは、Internet Explorer(以下IE)を使っていることでしょう。
私もつい最近までそうでした。
残りの1.5人はNetscapeかな。

他にも ネットめぐりのできるブラウザがあるんです。
Lunascapeというブラウザを、私は使っています。
IEによく似た、それでいて IEより使いやすいものです。


ブログの記事を書いてる時に、リンク貼りたい時があるじゃないですか。
その時に、IEだと上手くいかなかったんですね。

記事を書き、さあ、最後の一仕上げ と、リンクを貼ろうとして、
URLを調べようと お気に入りからクリックしたら、
別のウィンドウで開かず、同じウィンドウから開いてしまって
せっかく書いた記事が、あらら・・・
なんてこと、しょっちゅうしてました。


Shiftキーを押しながらクリックすればいいらしい、
ということは最近知りました。
右クリックで[新しいウィンドウで開く]も
出てくる時と出てこない時があって、よくわからんです。
(URLをどっかにメモっとけばいいじゃん、なんて
めんどくさい事は言いっこなし)

で、Lunascapeの出番。
タブ型ブラウザというそうです。

タブを、 クリックや マウスのホイール(くるくるまわすやつ)で選んで、 複数のページを 同時に開くのが 簡単という便利なものです。



ブログの 記事の投稿画面
リンクを貼りたいウェブページ(1)  
リンクを貼りたいウェブページ(2)  
リンクを貼りたいウェブページ(3) 


これらを一度に開いておいて、

 ブログの記事の中の  リンクしたい文字を選択して、
(1)に移動し、URLをコピーし、ブログの記事に戻り、リンクを貼る。

私はJUGEMなので、[リンク]というボタンをクリックすると、
ダイアログ(要するに小さいウィンドウのこと)が開いて、
そこに貼り付け、OKすればいいだけなのでカンタン。

(2)(3)も同じ要領で、やっていけばいいだけです。


うーん、文字だけで説明しても、わかりづらいかな。
そのうち時間を見つけて Lunascapeの画像をつけようかな。

IEを2,3個 起動させるより メモリも少なくて済むそうです。



ただ、登録フォームとは相性が悪いかも。
アンケートなど、自分の情報を入力して、登録ボタンを押しても
前の画面に戻ってしまうことがあります。
あと、お気に入りに登録しようとする時、
メニューバーからは問題なく登録できるのに、ツールバーからはエラーになってしまうんです。
   
メニューバー=上の"ファイル、編集、挿入・・"などとある文字のところ)
ツールバー=その下の "戻る・・・"とか、アイコンのあるところ)


でも、Lunascapeのホームページで
”直しました”とあったので、私のパソコンがおかしいのかもしれません・・・

 Lunascapeのホームページはこちらから


11/9追記
タブブラウザ推奨委員会というサイトを見つけました。興味のある方は、のぞいて見てはどうでしょう。


12/5 追記
あら、ホテキンさん もLunascape使ってらっしゃるみたいです。
a-mix 無料でアクセスUP! テクニック大全集!

たった2日で、700個以上 ダウンロード、
28日間で、2000個以上ダウンロード!現在公開終了。
有料会員のかたは、まだダウンロードできるようです。










| 初心者にケが生えた程度のPC話 | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) |


パソコンのディスプレィが…
VFMI0005.jpg
寿命のようです。
くるくる巻いた紙のクセのように、 画面がくるくるっと丸くなっていくんです。
写真 撮ったけどわかりずらいかな










| 初心者にケが生えた程度のPC話 | 19:44 | comments(0) | trackbacks(0) |


コンピューターウィルス その3
A 「う〜、そんなこと聞くとやっぱりウィルスつくる人はキライだな〜
まぁ、パソコンに詳しいという点では頭が良いかもしれないけど・・・」

B 「ただ、最近はパソコンに詳しくなくても、簡単にウィルスが作れてしまうんで、頭が良いとは、一概に言えなくなってきているんだ。」

A 「?」

B 「ツールがたくさん出回ってるらしいよ。」

A 「えー、ウィルスをつくるツール?」

B 「そう。」

A 「なんで〜」

B 「ひねくれた考え方をする人もいる。ソフトの出来具合が気に入らなくて、ウィルスを作ることによって ここが弱いんだぞって 教えてるとか・・・」

A 「内部告発・・・?」

B 「そこまでいったら考えすぎだろうけどね。」

A 「じゃあさ、もし会社がセキュリティホールが全く無い完璧なものができるまでチェックを続けたら良くなる?」

B 「完璧なものがはたしてできるのかどうか・・・
どっちにしろ、インターネットやパソコン関連の進化は止まるだろうね。」

A 「だいたい、ウィルスつくる人って捕まらないの?」

B 「ほとんどないね。あ、1986年にMorrisって人が捕まってるのが有名な例としてあげられるね。」

A 「やった。捕まったんだ」

B 「その人は、大学生で 次々と感染するワームを作ろうと思ってなかったんだって。
あるマシンから別のマシンに侵入したら、その段階で動作を停止するプログラムを作るつもりだったらしい。でもしないで次から次へと侵入を繰り返してしまった。
それでその人はコンピュータの専門家やプログラマーに助けを求めたんだって。」

A 「それで?」

B 「3年の保護観察と400時間の社会奉仕、1万ドルの罰金が課せられた。」

A 「ふんふん」

B 「1999年に捕まった人は20ヶ月の禁固刑と5000ドルの罰金、100時間の社会奉仕が言い渡されたんだって。出所後の3年 保護観察の間、裁判所の許可がない限りインターネットにアクセスができなかったそうだよ。」

A 「けっこう厳しい罰というか、そんなもんなんだというか・・・
でも、そうやって捕まる人が増えていったら、ウィルスを作る人はいなくなるんじゃない?」

B 「・・・それはどうかな。関係者の人がウィルスが広がらないように、頑張ってくれているんだけど・・・

あるウィルス研究者は <いくら最新の検出メカニズムを備えても、ウィルス作者は回避する方法を必ず見つける。ウィルス対策ソフトをチェックツールとしてウィルス作者が利用できる以上仕方がないことだ。ウィルス対策は後追いにならざるを得ない。> と言っている。

まぁ、ウィルスはなくならないだろうね。
人類にとってのウィルスのように、ウィルスに効く薬が出来たら さらに強いウィルスが出てくると思うよ。」

A 「とことんやなやつだ。」

B 「人類はウィルスによって ここまで進化したっていう説があるんだ。
生物の遺伝子は親から子へと伝えられるが、ウィルスは遺伝子を生物から生物へ運ぶ事があるって言う説。
パソコンも同じで、違うパソコンからウィルスが運んできたプログラムによって進化をしてたりして。
インターネットも ウィルスがあるからここまで進化したのかも・・・」

A 「そんなばかな。やっぱり、肩をもってる。あやしい・・・」


参考:「コンピューターウィルス脅威のメカニズム」 勝村幸博
   「日経PC21付録 ウィルス予防&撃退マニュアル」










| 初心者にケが生えた程度のPC話 | 19:46 | comments(0) | trackbacks(0) |


コンピューターウィルス その2
B 「あのね、コンピュータに悪さするのって、ウィルスだけじゃないんだよ。」

A 「えっ?」

B 「大きく分けて ウィルス、ワーム、トロイの木馬 の3つがあるんだ。
ただ最近は その3つの境界線が あいまいになって区別がつかないものが
増えてきているらしいけどね。
ウィルスは<他のプログラムに自分自身を埋め込むプログラム>のことで、
ワームは<ネットワークを通じて他のパソコンに侵入し、自分自身をそのパソコンにコピーするプログラム>、
トロイの木馬は<他の有益なプログラムを装って、実行した時に被害を受けるもの>と分けられている。」

A 「う〜ん?」

B 「ウィルスは 大体は 実行しなきゃ動き出さない。前にLOVE LETTERとかって流行らなかった?」

A 「あ〜、きたきた。」

B 「それは、添付されてるファイルを触らないで削除したら、なんも害がなかったでしょ?」

A 「うん。じゃあ、ワームって勝手に悪さするの?」

B 「そう、ソフトのセキュリティホールを利用して無理やり侵入してくるんだ。」

A 「セキュリティホール?」

B 「う〜ん。セキュリティの穴、とでもいうか、Windows Updateってしてる?」

A 「あ、なんかパソコンが勝手にしてくれてるみたい。」

B 「ようするに、ここに穴が開いてたんで パッチしてくださいってことなんだ。」

A 「ソフトに穴が開いてるの?」

B 「実際に開いるわけじゃなくて、弱いところとでも言うか・・・
そこに ある方法でちょっかいをかけると、勝手に入ってこれちゃう。」

A 「え〜どうしようもないじゃん。トロイの木馬って?」

B 「あとから、侵入できるように仕掛けをつくっておくもの。
だから、感染した時は気づかないかも。」

A 「やなやつ。」

B 「という感じで、ウィルスに感染する経路は、メールの添付ファイルとして送られてくる、ってのと、ネットワーク経由で感染する、ってのが多い。」

A 「メールはファイルを削除しちゃえば、大丈夫でしょ。」

B 「ただ、Windows Updateしてないと、メールの本文を見ただけで、感染することもあるんで注意が必要だけどね。
とにかく、今は 何もしなかったら感染しない じゃなくて、 何もしなかったら感染するということだから、対策が絶対必要だよ。
感染したら、自分が困るだけじゃなくて、自分のパソコンを利用されて他の人にも被害がでてしまうからね。」

A 「対策は?」

B 「ウィルス対策ソフト、ファイアウォール、Windows Updateかな。
あと、ルーターを使えばさらに効果があるよ。」

A 「ルーターって、ネットを接続する時に使うあのルーターのこと?」

B 「そう、モデムを使って直接ネットにつなげるんじゃなくて、ルーターを通すことによって侵入するルートをわかりずらくしてくれるんだ。」

(その3へ続く・・・)










| 初心者にケが生えた程度のPC話 | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) |


レーベルゲートCD全廃 決定!
やっぱり。

ソニーが複製防止CD全廃 11月17日以降 (共同通信) - 9月30日17時9分更新
以前にもコピーコントロールCDは、だめだ!ということを書きましたが、
iTunesとコピーコントロールCDの関係 およびiTunesとコピーコントロールCDの関係 その2
今回全面廃止になるそうです。

よかった よかった。

大体、一部の人がネット上で音楽を無料でばらまいているからといって、
臭いものにはふたをしろ とばかりにCDにコピーできない機能をつけるなんて、単純な手段をとること自体が間違っていたと思うんです。

その人たちのせいで、一般の 普通に自分用としてコピーしていたユーザーが、迷惑をこうむるのは どう考えても おかしい。

今回のコピーコントロールCDのことで「導入前に比べて著作権保護に対して、多くの音楽ユーザーの意識が高まって・・・ 云々」とソニーさんのほうではコメントしているそうです。



ちなみに、
コピーコントロールCD・レーベルゲートCDというのは、
パソコンをつかってコピーすることが出来ないCDのことで、(デジタルのコピーなので、劣化などがない複製をつくることが出来る) 音楽データの他に 他のデータが入っているCDのことです。

大体のCDは 音楽データが順番に入っていて、
その後に他のデータが入っていますが(その逆もあります)、
ひどいものは音楽データと音楽データの間に他のデータが入っていたりします。

そんなCD、オーディオ機器に悪いに決まっていますよね。
(パソコンデータのCD-ROMは、オーディオ機器では再生しないでください・・・という注意書き、見たことありますよね。




今まで出した コピーコントロールのついているCDは、そのままなのかな、とちょっと気になります。


(2005/2/17)追記
この「いもづる式♪好奇心」のアクセス解析などを見ると、
CD Manipulatorの使い方を 検索してきてくれる方が多いようです。
ですが、大したことは書いていないので 悪いな〜と思っていました。

今回、ちょっと時間ができたので、カンタンにCD Manipulatorの使い方を 
ホームページにしてみました。
(練習もかねて)
ただ、あくまでも【カンタンな】使い方だけですので、ご了承ください。

→GO!パソコンでカンタンに音楽を楽しむ♪










| 初心者にケが生えた程度のPC話 | 19:24 | comments(0) | trackbacks(0) |