ブログ引越しました。これからの更新は→「いもづる式♪好奇心」 http://blog.imoduru.com/ こちらです

+LINKS









dell15_180x40
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 携帯電話と デジカメの画像は そんなに違う? | main | ? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています











| - | | - | - |


画像・画質・容量のかんたんな覚え書き
前回の「携帯電話と デジカメの画像は そんなに違う?」の記事を書くときに、画像の容量などで つまづいてしまったので、ちょっと 悔しくなって調べてみました。

まず、この前のデータを引用すると、 

携帯:ボーダフォン V401D
   VGA 480×640
   圧縮モード ノーマル

デジカメ:ニコン COOLPIX 880 
     VGA 480×640
     画質モード ノーマル

の、“480×640”というのは、画素数のことだそうです。

デジタル画像は、小さな正方形の 点 の集合で、構成されているそうです。
この ひとつひとつの点のことを、 画素=ピクセル といいます。


500万画素   2560×1920  約2.0MB  A3以上の印刷に向く
400万画素   2272×1704  約1.5MB  A3を印刷する時
300万画素   2048×1536  約1.2MB  A4を印刷する時
200万画素   1600×1200  約750KB  はがき大の印刷時
15型液晶モニタ 1024×768
30万画素     640×480 約500KB  Web、メール添付用

640×480というのは、横に並んだ素子の数×縦に並んだ素子の数=307200で、約30万なので、30万画素 というらしい。


だから、たてよこ 同じ大きさにした500万画素と30万画素の画像を比べると、

500万画素のほうは、びっちり並ぶので 細かい部分まで はっきりするということ。
逆に、30万画素をひきのばすと、画素=ピクセル がのびてしまうので、ぼやけてしまう。


撮影した画像データの容量は、画素数と圧縮率で決まるらしい。
うちのデジカメ(実家から借りたもの 古い)ニコン COOLPIX880では、画質モード というのは、

HI    画像を圧縮せずに記録
FINE   画像を4分の1に圧縮
NORMAL  画像を8分の1に圧縮
BASIC   画像を16分の1に圧縮 
 
画像サイズが、
FULL  画像を 2048×1536で記録する
XGA   画像を 1024×768で記録する   17インチモニタ
VGA   画像を 640×480で記録する    13インチモニタ


撮影する時は画像サイズを小さくするより、画質を下げたほうがきれいに撮れるらしいです。

旅行に行ったとき、メモリーカードが一枚しかない時は、
(たくさん写真を保存するため)画質の圧縮率を高くして(うちの場合BASIC)、画像サイズを小さくすれば(うちの場合XGA)いいということ。

ちなみに、デジカメの画像ファイルの形式は、JPEGが一般的です。











| 初心者にケが生えた程度のPC話 | 20:29 | comments(0) | trackbacks(0) |


スポンサーサイト










| - | 20:29 | - | - |











http://mami-hai.jugem.jp/trackback/52